MENU

時間がないとは言っていられない?ハゲてしまう危険な洗髪方法

M字ハゲと言いますと、どうしても生活習慣や薬による改善に目を向けてしまいます。
しかし、実際の所、ハゲには正しくない洗髪によって頭皮がダメージを受けて発生してしまうケースもあります。
ですから、M字ハゲが疑われる場合には、普段の洗髪も見直す必要があるのです。

 

まず、M字ハゲが疑われる人の場合には、シャワーのみで済まさず、出来るだけ湯船に浸かるようにしましょう。
湯船に浸かる事で、全身の血流が活発になり、頭皮の毛細血管にまで血が行き渡るようになります。
それと同時に、汗と一緒に毛穴の老廃物も排出されますので、一挙両得なのです。

 

それから、これは、せっかちな人にありがちな行動ですが、いきなりシャンプーを頭皮につけてはいけません。
最初に、お湯で頭皮を洗い流しながら指の腹で頭皮をマッサージしましょう。
これによって、髪についた汚れを洗い落とす事が出来ますので、面倒と思わずにやってみましょう。

 

さて、お湯によって、頭皮を洗ってから、シャンプーをします。
この時にも、シャンプーを直に頭皮につけずに、手の平に取ってから伸ばし、髪につけます。
あとは、お湯洗いでも行ったように、指の腹を使い頭皮をマッサージするようにシャンプーを揉みこみます。
ここでは決して、爪を立てて洗わないように、爪を立てると頭皮に傷がついて炎症を起しハゲの原因になります。

 

 最期は、沢山のお湯で丁寧に洗い流します、シャンプーのカスは意外に残るので入念に洗いましょう。
このような洗髪を実現するには、バスタイムに充分な時間を取る必要があります。
毎日、慌てて入浴を済ませているという方は、時間の配分を考慮しないといけませんよ。