MENU

性欲が強いと禿げるは、あながち迷信でもない??

昔から、「性欲が強い人は禿げる」なんていう俗説がありますよね?
そんなの迷信だよと一笑に付したい所ではありますが、実はそうでもないのです。
というのも、M字ハゲと男性ホルモンには密接な関係があるからなのです。

 

男性の生殖器を造るなど、男性が男性らしくある為に必要な男性ホルモンにテストステロンがあります。
これは、減少してしまうと、男性の更年期障害を引き起こすなど欠かせないホルモンです。
しかし、このテストステロンは分泌されると体内で5αリダクターゼという酵素によって分解されます。
その結果、生まれるのがジヒドロテストステロン(DHT)で、これが発毛を阻害してしまうのです。

 

この男性ホルモン、テストステロンと5αリダクターゼの生成量には個人差が大きいようです。
つまり、同じ男性でも、5αリダクターゼの量とテストステロンの量が多いとDHTが多く造られるわけです。
これが、冒頭にあげた性欲が強い人は禿げやすいという話に繋がっているわけですね。

 

それでは、テストステロンが多く分泌される人は、黙ってM字ハゲを受け入れるしかないのでしょうか?
以前は、有効な治療法が無かったM字ハゲですが、今はDHTの働きを抑えるプロぺシアがあります。
プロぺシアは病院で処方される飲み薬で、服用する事によりM字ハゲを食い止める事が出来ます。

 

ただ、プロぺシアが抑制するのは、DHTのみであり、5αリダクターゼは抑制できません。
ですから、5αリダクターゼという酵素が大量にある場合には、プロぺシアの効果は弱くなるのです。
男性の脱毛症は、女性よりも遺伝の影響が強いというのは、こういう理由によるのです。